編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-07-06 (木) 00:58:30
トップページ / プレイレポ / BtS / 座牛のフラクタル入門 / 海戦編その2

座牛の不死フラク入門:海戦編その2 Edit


プレイレポへ戻る
はじめに
その1

ラムセス戦 Edit


17.jpg
ラムセスの軍事力、すぐに降伏してくれそうだ。

18.jpg
19.jpg

イザベラが随分前に産業主義を取得していた一方、ラムセスはまだ持っていない。代わりに飛行機を持っており、すでに戦闘機を数体首都に配備しているが、大した脅威にはならないだろう。むしろ首都占領時に軍事力評価を落とせるので好都合だ。

20.jpg

エジプト首都テーベのすぐ近くに、モンテスマが占拠したエレファンティネと、そのまま閉じ込められたであろう大量のアステカ軍がいた。アステカ都市を攻略した戦車軍隊がエレファンティネに向かい、到着後に宣戦布告した。

21.jpg

エジプト空軍も大した被害を与えられず、テーベ陥落。ついでに東の都市一つを別働隊で落とすと、エジプト降伏。

22.jpg

エジプトから医術とロケット工学をもらい、早速他の属国たちに横流し。ラスボス、イザベラ戦に向けて準備する。

最後の戦い イザベラ戦 Edit

23.jpg

研究は現代機甲部隊に向けて準備する。マンハッタン計画は作らない。イザベラも戦術核が生産可能なので、無い方が有利だ。

25.jpg

インターネット完成。特に有用な技術はなかった。

24.jpg

諜報画面。イザベラの諜報ポイントが高く、軍事力のグラフが見えない。

26.jpg

とは言え、このまま戦車でゴリ押しできる範囲だろう。宣戦布告。

27.jpg

まずはサンティアゴ(スペイン本土の沿岸都市)1マス隣に8体ほどの戦車部隊を横付け。しかし、戦闘機やカノン砲、歩兵の物量の前に全滅してしまう。同時にスペインがマンハッタン計画manhattanproject.jpgを完成。本土では生産を核に切り替える。

#ref(): File not found: "28.JPG" at page "プレイレポ/BtS/座牛のフラクタル入門/海戦編その2"

その一方、スペイン飛び地占領部隊は都市占領を問題なく終らせた。ここの部隊とエジプトに残っていた戦車、そして輸送船の足並みをそろえ、再びスペイン本土へ襲撃する。

29.jpg

↑アステカ軍の攻撃を受けたスペイン軍
フランス、エジプトの海軍とアステカの長距離砲がスペインを苦しめ、本土の沿岸都市を次々と焼いていく。スペインの機動部隊は北のフランス領土に向かっており、アメリカ先住民達は楽に進軍できた。

30.jpg

フランス都市リヨンの南に横付けしたスペイン機動部隊。歩兵と長距離砲が中心のスペイン軍に対し、フランスは機械化歩兵を実戦投入している。

一発目のICBMをスペイン首都に落として最後の沿岸都市を焼くと、イザベルは降伏に応じた。

31.jpg
32.jpg
33.jpg
34.jpg


295ターン、シッティング・ブルは制服勝利を収めた!

35.jpg
↑最終ターンの様子 流石に宇宙勝利よりは時間がかかった。



(続きはもうしばらくお待ち下さい)

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/BtS/座牛のフラクタル入門/海戦編その2?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-06 (木) 00:58:30 (1576d)