編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-05-22 (金) 00:31:53
トップページ / プレイレポ / BtS / 続・自由主義鋼鉄までの道のり / その6

プレイレポ/BtS/続・自由主義鋼鉄までの道のり

その1

その2

5/21 できるところまで更新です。首を寝違えて2日目、やっと首が縦に動いてくれるようになって一心地ついてます。一体どんな態勢で寝ていたのか自分を問い詰めたい。

ちなみに今回は残念ながら都市の紹介と展望だけでページが終わってますので研究ルートと技術交換記録は次回にどうぞよろしく

研究ルートと土地情報 Edit

さて苦節4000年、ようやく官吏の技術に到達した。皆さんもご存じ中盤初めの要になる技術である。早速カースト制と官僚制を採用する。ちなみに研究は紙に向かう。

導入前
25AD-before.JPG

導入後
25AD-after.JPG

170代のビーカーが40も伸びた。ちなみにアカデミーは作成していないというか偉人はまだ一人も出していない。

ビーカー量はこの時期の経済の目安にはなると思うが、出ないなら出ないで偉人取得と交換で何とかなったりするので参考程度にしてもらえたらいいと思う。ちなみに出力としてはなかなかの満足度だ。

また、ここからの偉人回りを含めた研究の流れをざっくりというと、今回は大科学者を合計5人出しており、教育・活版印刷・アカデミーに各一人、化学に二人投入している。たぶん。

記憶で書いている為活版印刷あたりが少し怪しいので修正するかもだが、まあたぶん間違いないかな?

ともあれ現在の都市状況を紹介していく。


25AD-1.JPG

まずは首都である。第2・3都市の育てた小屋がそれぞれコイン4を出すようになり引き取っている。水道橋アリでも不衛生も吐いており、一時的な人口限界は近い。ハンマーは最低限だがゾウが活躍している。


25AD-2.JPG


25AD-3.JPG

第2・3都市は乳母都市でもある偉人都市であるのだが序盤の奴隷制ラッシュでやっと偉人雇用が動き出したところである。第2都市は今でも奴隷の不満が酷い(最大+5近くまで行ったはず)がじきになくなるので問題ない。

モニュメントの幸福プラスを生かす場合はどのタイミングで余りハンマーを投入するかの問題もあるが、今回の序盤に穀物庫奴隷で労働者を生産し続けても幸福問題が発生しなかったのは間違いなくカリスマ志向のおかげである。

ちなみに労働者は12体生産しているが、これで何とか工房のあらかじめの仕込みや効率的なジャングル伐採が回ったがもっと欲しかったぐらいである。みんな労働者は序盤の第2・第3都市で奴隷生産しまくろう。

余りで弓を3体ほど生産し、帰らないスーリヤ弓兵と合わせて西側蛮族地の見張りを分担して行っているがあとはごらんの通りの建設物である。


25AD-4.JPG

そしてこちらが経済的な危険を冒して手に入れた神都市である。資源数とか暦資源ばっかりだが首都クラスである。とりあえず香辛料とバナナと砂糖のパン力が合わさって最強に見えるが工房が待たれる。

染料農場がある?上書きが間に合ってないだけなのでお気になさらず。ちなみに金融志向の染料農場とか序盤の神改善なのは間違いない。レポでの見え方が地味なので金融は紹介することはないでしょうが・・

ちなみにケルトのブレヌス君は非戦英雄叙事詩が全指導者一やりやすい指導者である。レベル4が経験8で達成できるので、(兵舎3+厩舎2+神権政治2+主従制2)の組み合わせをターンのロスなく達成できるのである。

というわけで英雄叙事詩都市はここで決定している。仮想敵の一つ、マンサと戦う前線にあるのも高ポイント。ただし絶対に負けられない戦いがここに発生するわけでもあるが。がんばれケルト代表。

またこの都市周辺で開発した資源2つで、ちゃんと数ターン前にハンムラビ大王から大理石を輸入しており作成準備も万端である。


25AD-5.JPG

第5都市。目的としては後背地の囲い込みと資源および維持費の供給である。頼りが平原牛さんのため官吏で農場を引っ張ってこれるようになるまでは人口増が絶望的。米を圏内に入れるか本気で悩んだ。本気を出せるのは共産主義から。

ちなみにデータを振り返ってレポを書いているのだがなんでパルテノン神殿を建てているのか当時の自分。大理石が手に入って喜び勇んでいただろうことはわかるのだが・・・

・・・多分アレクを建てても平和主義入れれないからダメだし偉人速度が全国で1.5倍になるパルテノンのほうを優先したってことかな?換金上等だったのは間違いないし理解できなくもないな、うん。

当然後ほど換金されている。ついでにそのあとでアレクもこの都市で建て始めてこちらも換金されている。ダメだこりゃ


25AD-6.JPG

そしてこちらが最後に建てた第6都市である。左上がぼちぼち使えそうに見えて第5都市用に灌漑を伸ばすと農場ばっかりになる運命である。

ちなみに都市建設前に氾濫原農場は首都の文化圏内にあったのを利用して作成してスタートダッシュを速めている。主に乳母都市として存在している。

こういう位置に都市を建てておくと陳腐化した象の上に小屋を建てて育て始める際にこちらの都市に任せることができるため便利である。単純にハンマー源としても必要なのだが。

まあ氾濫原農場と染料2が使えなかったら建てなかったかもと思われる程度ではある。乳母都市を遅くに建てても首都の出力で元が取りづらいためだが、今回は染料2のおかげで気軽に建てれた。

都市の紹介は以上である。今回は首都の立地が官僚制小屋首都に対応していたので、交換はともかく今後の研究も苦労することがなかった。

研究についてはここからの首都の研究の伸びと偉人の数が一番大きく影響してくるが、今回は自力研究の割合が比較的大きい。ちなみに前回のレポと比べて今回は哲学に偉人を投入できていない時点で完全に偉人周りが遅れている。

結果的に5人の偉人を輩出でき、結果的に化学を偉人で取得しているがこれもうまく平和主義を入れることができたためなのだが・・・このあたりは記録で見つけ次第記載しておくつもりだが宗教志向が優秀だった。

また、今回はいい位置に乳母都市を建てて小屋を育てているのでこの時点でもなかなかの出力が出せている。中盤の研究が伸びないという人は乳母都市の位置を考えてみるといいかもしれない。

CIV4スレはまだ結構な盛り上がりを見せているし、どこに都市を建てるなんて題材を投入してもらえるのは他スレ住民の意見も聞きたいし大歓迎されるのではないだろうか。

ちなみに筆者も結構書きこんでたりするので相手をしてもらえると嬉しい。糞立地なんかも好きだ!ただし天帝糞立地は勘弁な!

というわけで最後に西部の立地を張ってこのページは終了しておく。全体の立地はどこからデータ採取したらいいんだろうか悩み中である。ちょっと待っていただけると助かります・・


25AD-west.JPG

ケルト西部の様子である。すっごく広いんだけどこんなの求めてなかった・・・ぶっちゃけ外交さえうまくいけばカノンRしなくていい立地である。

封鎖して帰ってこれない周辺国の探索弓と力を合わせて野良蛮族を弓で撃退している。とはいえ長弓やマスケットへのランクアップが求められる。

海上の詳細を探索し終わったら現在の蛮族都市を潰して建て直したりするのもいいなと思っていた、反省はしていない。ちなみにこの後むちゃくちゃカノンラッシュした。

コメント欄 Edit

コメントはありません。 Comments/プレイレポ/BtS/続・自由主義鋼鉄までの道のり/その6?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-22 (金) 00:31:53 (83d)